社宅に関わる業務を代行|ビジネスを始めるならクラウド会計を知っておこう
女の人

ビジネスを始めるならクラウド会計を知っておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

社宅に関わる業務を代行

女の人

社宅契約から管理まで代行

有能な人材を確保することを目的として、多くの企業では社員旅行の実施や諸手当・休暇といった福利厚生を充実させています。社員サービスを向上させることによって優秀な社員の離職率が低くなり、企業の業績にもプラスに作用するものです。そのような福利厚生の1つとして社宅が挙げられ、大企業では社有地に専用の社宅施設を設けている例も少なくありません。社有地に専用施設を建設する余裕のない中小企業の場合は、賃貸マンションやアパートを社宅として借り上げています。賃貸住宅を社宅として利用するには物件探しから始まり、契約の際にも煩雑な手続きが必要です。契約後もそうした集合住宅を社宅として適切に管理していかなければならないことから、人員の限られた企業には大きな負担となっています。そうした企業の事情を背景として、現在では社宅代行システムを利用するケースが増えてきました。社宅代行システムには賃貸マンションやアパートなど物件情報収集はもちろん、契約から管理に至るまであらゆる社宅業務をアウトソーシングできるのです。賃料の支払いや更新時の家賃交渉、さらに帳簿類の作成も含めたあらゆる業務を社宅代行システムが引き受けてくれます。

解約やクレームにも対応

社宅に関わる業務は賃貸マンションやアパートを契約する際だけでなく、入居社員の退職や異動で解約する必要が生じた場合も考慮しなければなりません。解約手続きはもちろんのこと、退去後の原状回復といった賃貸住宅では避けられない業務対応もすべて社宅代行システムが適切に処理してくれます。社宅代行システムによっては引越しのサポートやクレームへの対応にも、標準サービスまたはオプションとして利用可能な場合があります。特に入居社員や家主からのクレーム発生は社宅を持つ企業にとって悩みの種となりがちですが、社宅代行システムはプロの対応でトラブルを解決に導いているのです。解約時の原状回復なども含め、自社であらゆる事態に対応するよりも人事担当者にかかる負担が大幅に軽減されるということは知っておくといいでしょう。特に複数拠点を展開していて拠点間の人事異動も頻繁に実施されている企業の場合、社宅を用意する場合とそうでない場合では人材確保の面で大きく違ってくるものです。社宅代行システムを上手に活用して社員のために最適な居住環境を用意している企業では、地方勤務を命じられた社員でも安心して業務に専念しているのです。